アレルギー科

アレルギー科について

こんな症状の方はご相談ください。

アレルギー科について
  • くしゃみ・鼻水・鼻づまり・鼻水がのどにまわりこむ
  • 皮ふのかゆみ、目のかゆみ
  • 湿疹やじんましん
  • 呼吸困難
  • 頭痛、嘔吐、下痢

アレルギー疾患について

アレルギー性鼻炎

花粉を原因とする「季節性アレルギー性鼻炎」と、ハウスダストやダニなどを原因とする「通年性アレルギー性鼻炎」に分類されます。

アレルギー性鼻炎の症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがあります。アレルギー性鼻炎の原因として多いのが花粉で、植物によって飛散する時期が異なります。スギやヒノキ花粉が多く、次いでイネ科植物、ブタクサとなっています。

通年性アレルギー性鼻炎の原因としては、ホコリやダニ、カビ、ペットなどがあります。

アトピー性皮膚炎

かゆみのある湿疹が、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能(外界のさまざまな刺激、乾燥などから体の内部を保護する機能)が低下して、外から抗原(アトピーの原因物質)や刺激が入りやすくなり、これらが免疫細胞と結びつくことでアレルギー性の炎症を引き起こします。

また、かゆみを感じる神経が皮膚の表面まで伸びてきて「かゆみを感じやすい状態」となっており、掻くことによってさらにバリア機能が低下するという悪循環に陥ってしまいます。

じんましん

皮膚の一部が突然赤くくっきりと盛りあがり(膨疹)、しばらくすると跡かたもなく消えてしまう病気です。多くはかゆみを伴いますが、チクチクとしたかゆみに似た感じや、焼けるような感じを伴うこともあります。

通常、数十分~数時間以内に消えますが、なかには半日~1日ほど続くものもあります。

食物アレルギー

多くの場合は、アレルゲンを摂取して数分~数時間以内に症状が出ます。湿疹やじんましん、浮腫、喘息発作、嘔吐・腹痛・下痢など、その症状は多彩です。一番重篤な症状として、血圧が下がって命を落とす危険もある「アナフィラキシーショック」があります。

アレルギー疾患の検査、治療について

アレルギー疾患の検査、治療について

アレルギー疾患は年々増加しており、国民の3人に1人は何らかのアレルギーを持っていると言われています。

当院では、アレルギー専門医による花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、じんましん、食物アレルギーなどのアレルギー疾患の検査・診断と治療を行っています。採血検査のほか、金属アレルギーの検査(パッチテスト)や採血が難しい場合に備え、指先からのわずかな血液を採取して行う「簡易アレルギー検査」も行っています。こちらの検査は約20分で結果が判定できます。

スギ花粉症の治療では、舌下錠「シダキュア」や舌下液「シダトレン」を導入しています。ダニアレルギー性鼻炎には、舌下錠「ミティキュア」「アシテア」による治療を行っています。アナフィラキシーに対する緊急補助治療薬「エピペン」も、対象の患者さんに処方しています。

アレルギー体質の患者さんには、アレルギー性疾患が次から次へと発症していく「アレルギーマーチ」と呼ばれる現象が起こることがあります。乳児期のアトピー性皮膚炎や食物アレルギーにはじまり、幼児期には気管支喘息、アレルギー性鼻炎を発症します。特に小さいお子さんの場合は、早めに対応してこのアレルギーマーチを抑えることが非常に重要です。

アレルギー疾患は内科や小児科だけでなく耳鼻科、皮膚科、眼科と幅広い診療科に関わります。当院ではそれらを「総合アレルギー医」として総合的に診療いたしますので、いくつもの医療機関を受診する必要はありません。また、アレルギーの相談にも対応しております。お気軽にご相談ください。

呼吸器、喘息・咳、アレルギー、いびき(睡眠時無呼吸)、
禁煙と産婦人科の専門医と指導医がいるクリニックです。
呼吸器の専門医・指導医とアレルギーの専門医ならではの診療を提供します。

  • 診療時間

    9:00~12:00
    13:30~18:00

  • 休診日

    木曜・日曜・祝日

pagetop